×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ももじの部屋へ ももじの裏部屋へ SL写真記 HOME
ももじパパの SL写真記    北海道 昭和48年7月22日〜8月4日   
↓写真をクリックすると大きな画像になります
  

北海道

東海道で特急を牽引した花形機関車C62は東海道電化、山陽道電化により各地へ転進した。その中でも何機かは北海道へ渡り、函館本線で函館と札幌を結ぶ急行牽引を主な役割として活躍していた。特に峠道になる長万部〜小樽間はC62重連となり、その迫力満点の走りっぷりは伝説になった。残念ながら自分がSLに興味を持った時はすでにそれは無く、C623号機の1台だけが休車状態で小樽築港機関区に眠っていた。ところがこの夏から長万部〜小樽のローカル列車を引くことになったとの情報で、夏の北海道へ一人旅することになった。肝心のC62は撮影場所をミスして開けていない狭い場所で撮ることになり、しかも煙を全然吐かなかったが、現役最後の姿を見ることができて満足だった。

SL写真記HOMEへ戻る



Copyright(c)2007 ももじの部屋。 All rights reserved. Base template by WEB MAGIC.